サービスプロバイダへ進化するための8つのステップ

1.危機意識を高める
2.変革推進のための連帯チームを築く
3.ビジョンと戦略を生み出す
4.変革のためのビジョンを周知徹底する
5.従業員の自発を促す
6.短期的成果を実現する
7.成果を活かして、さらなる変革を推進する
8.新しい方法を企業文化に定着させる

多くのIT関係の組織が今、サービスプロバイダへの進化のみが将来の生き残りの道として選択の余地もなく明らかとなった。

サービスプロバイダとしてサービスのプロセス能力を養い、プロセスを常に改善する仕組みが定着し、サービスプロバイダとしてサービスプロダクトのメーカーになれる組織は、一握りの組織だろう。

大規模な変革は、企業文化を変えるほどの進化が求められる。
ITのサービスプロバイダは、プロセスを管理し、プロセスレベルでのBPR を継続的に行い、結果を自動化テクノロジーへと結んで効率性を最大化することが求められる。