構成管理DB(CMDB)の定義

CMDB(構成管理DB)は、リコンシリエーション(整合化)、フェデレーション(連合)、マッピング、可視化および同期を実現する。

ユーザが「結果」を求めるITサービスを提供する場合、そのサービスを構成する全ての構成アイテムを可視化し、その関係を明らかにし、その構成における”Single point of failure” 単一のサービス中断要因を明確にし、二重化を施す、あるいは、環境における変更に伴って影響を受けるサービスを特定する必要がある。
これらの実現には、CMS(構成管理システム)、CMDB(構成管理DB)の成功が欠かせない。

リコンシリエーション:
サービスを構成するCI(Configuration Item:構成アイテム) は、サービスを構成する環境をエンドツーエンドで把握し、様々な観点からの管理データを収集し、集約し、あるべき状態と、現状を突合し、整合性を維持する必要がある。
その機能をプロセスや自動化テクノロジーにおいて実現するのが、リコンシリエーションだと言える。PC、ネットワーク、サーバー、サーバーOS・ミドルウェア、サーバーアプリケーション、ストレージを含む。

フェデレーション:
サービスを構成するCI は、エンドツーエンドの環境ではテクノロジードメインにおいて情報の管理DBが異なる。これら複数のMDR(Management Data Repository)あるいは、CMDBは、CMSを構成するために連合する能力、あるいは、連合される対象として連合の傘下におかれ情報を提供する能力が求められる。

マッピング:
CI の関係を把握するためには、CI とCI や属性情報の関係がマッピングされる必要がある。サービスを構成するすべてのCI の関係がマッピングされ、その依存関係が明らかにされる。

可視化:
サービスを構成するCI は、環境における必要性(ソフトウェアの契約、使用許諾条件など)により、その粒度が変化する。その粒度に応じてCI が作成され、サービスの構成が可視化される必要がある。

同期:
CI の情報はMDR、CMDB などで管理されるが、複数の視点で管理されるCI の情報は、重みづけされ、情報の正確性、新鮮度の高い状態が維持される必要がある。
この場合、情報の関係性において、重みづけされた優先度により、情報の同期が取られ、すべてのレベルのCI の情報の正確性、新鮮度が維持される。これらの対象は、PC、ネットワーク、サーバー、ストレージ、などすべてのサービスを構成する要素(CI)を含む。

IT資産管理で管理する資産=CI ではないので、IT資産管理とCI の管理を完全に一致させることはできないが、構成管理を実施する場合、IT資産管理は、基礎データとしてMDRまたは一部のCMDB情報を構成する。

タグ: ,

コメントは受け付けていません。